ホンダ、日本のバイク業界を牽引し続けるメーカー『ホンダ』研究

王道、ホンダのバイクはラインナップの幅広さが凄い!!

ホンダのバイクといえば、日本から世界へその技術の高さを知らしめた先駆者。戦後から世界市場で戦ってきた底力は、現在の王道ラインナップたちへと受け継がれています。どんなタイプも手掛ける、文句無しのリーディングカンパニーです。
ホンダのロングヒットに隠された短期生産の名車は数々ありますが、次世代に価格が落ちにくいホンダのバイクとは、一体どんなタイプなのか?近年の売れ行きを元に、今狙い目の車種を考察していきます。バイク業界の元気を取り戻すためにもCB400SFに継ぐモンスターヒットの登場を、管理人もいちファンとして期待しています!

近年のラインナップの狙い目は?

NSRやCBX、GBなど開発終了した車種は、未だに中古車市場で人気。現在主流のタイプも含めラインナップの広さは世界一と言っても過言ではありません。2010年には新モデルも発表。ますます新車市場を活性化して欲しいものです。
管理人が考えるホンダの特徴は、大胆な開発計画の切り替えにあるように思います。人気の高い車種であっても、いきなりバッサリと開発・生産中止をしてしまう。近年ではホーネットがいい例かも知れません。販売中止直後はショックなんですが、同じラインナップを続けているだけでは市場規模が縮小していくだけ。常に斬新なDNAを市場に注入し続ける、その責任が業界トップのホンダに求められている使命なのでしょうね。
2010年代のラインナップを見てみると、一番面白いミドルクラス(400-250)に新車を4台も投入。オンロードタイプでVT400Sが面白そうですね!伝統の白赤を基調としながらも個性的なフォルム。今は新車が売れない時代ですから、こういう時期の新車はのちに貴重な「名車」になる気がしてならないのです。長期所有を狙ってみる価値ありでしょう。

中古市場で人気の車種

ホンダの中古車市場の特徴はずばり、「何でもあり!」。世界中で売れているため、状態の良い極上車が他のメーカーよりも多いのが特徴でしょう。特にガレージできちんと保管されている「千キロ程度の箱入りバイク」がいつまでも中古市場に登場するため、お金さえあれば新車同様の状態で旧車の入手が容易です。弾数が多いバイクであるなら、今後の値上がりを想定して長期保有するよりはズバリ「乗りたいバイク」を乗り継ぐのが良いかも知れませんね。
個人的に狙いたいのはCBXやGB400TTかな?10年後を見据えて今のうちに極上車を入手しておきたい気もします。逆にSFのような人気バイクを狙うなら、新車が良いですかね!若い子が購入してきたシリーズだからキレイにレストアされていても、エンジンが疲労してそう‥‥。中古を買うなら保証制度のある販売店にしたいですね。
価格の維持をしやすいバイクはCL400のような極めて短期間で終了したモデル。今は安値が付いていますが、のちのち化けることもあるのが中古の怖いところ…。ホンダ史と中古バイク販売サイトを比較しながら見ていくと、思わぬ掘り出し物が見つかるかも知れませんよ。

copyright (C) 2019 バイク買取情報サイト NO BIKE, NO LIFE All Rights Reserved.