ハーレーダビットソン、アメリカンバイクの代名詞『ハーレーダビットソン』研究

トルク感を満喫したいなら本場は外せない!

日本のハーレーファンはレザー&グラサンで怖い印象もありますが、中身は人の良いオジサンたち(たぶん笑)。バイク好きには変わりありません。気になるハーレーのお値段は、 公式サイトをチェックしてください。
多くの人のハーレーダビットソンとの出会いのきっかけは、1969年(日本公開1970年)のアメリカ映画「イージーライダー」ではないでしょうか。あの映画のバイク乗りのかっこよさにしびれ、アメリカンに染まったライダーも多いはずです。ちなみに私の世代ですと仮面ライダーかイージーライダーと相場は決まっています(笑)。ハーレーで箱根や御殿場といったツーリングスポットで、一生に一度は流してみたいものですね。

近年のラインナップの狙い目は?

独自の道を歩み続けるハーレーダビッドソン。ファンサイトなどで、日本で人気の車種について調べてみると、『安心できる販売店で中古で買うのが一番』という意見を発見。日本メーカーの場合、当然新車の方が安心感は段違いで良いのですが、ハーレーの場合は事情が全く異なるようです。円高の影響もあってか、買いやすいモデルもあるにも関わらずいきなり中古とは?調べてみると新車状態から3000kmぐらいまでは、何らかのトラブルが起こりやすいと言われているようです。ハーレー上級者ならともかく、初心者であれば中古が安心という話は、そういう事情を加味したものだったようです。
まず買うことは無いのでしょうが、もし私が金額度外視でハーレーの新車を1台買うなら‥‥V-RODマッスル(VRSCF)ですかね。ハーレーらしく無いフォルムですが、ハリウッドスターが乗ってそうで格好いい(笑)。流線型をうまく取り入れているので、日本向きのデザインと言えるかも知れません。興味がある方は検索を、きっとハーレーのイメージが変わると思いますよ。

中古市場で人気の車種

日本バイクとの相場比較を考え、ハーレーダビットソン専門ショップでは無く、バイク王のダイレクトショップで検索してみました。登録されていたのは全部で96台。排気量に関わらず100万程度から購入できるようです。高いイメージしかありませんでしたが、案外日本車価格よりも若干高いぐらいで買えるんですね。
管理人がいつかまたがってみたいと思っているのが、FLHTCU4-CVOファクトリーカスタム・ウルトラクラシック・エレクトラグライド!長ったらしいですが、1台のバイク名称です。サイトにはこれが正式名称なのだと紹介してあります(笑)。価格は328万円(中古)、私が所有しているバイクを全て手放しても全然足りません。
シートに座ると、おそらくはガンダムのコックピットのような感じなのでしょうね。フル装備と紹介されていますから、おそらくは最高級クラスなのでしょう。恐れ多くて試乗すらご遠慮させて頂きます。こういうバイクなら妻も後ろに乗ってくれるとは思うのですが、これから頑張ってみますかね(笑)。

copyright (C) 2019 バイク買取情報サイト NO BIKE, NO LIFE All Rights Reserved.