グーバイク買取査定経験談の口コミ!

売買の際には必ずグーバイクを購入するという口コミもあり、ユーザーと事業者双方にとってのバイブルといっても過言ではない(笑)!?グーバイクのサイトでは、個人で業者オークションに出品できる機能も運営しています。まずは自分の愛車と同タイプをチェックしてみましょう。

総合得点!**点/9社中・ランク外

買取価格
\---
スタッフの対応
便利さ
★★★★
早さ
★★
スタッフの知識レベル

地域の買取店検索に使える

数ある買取業者関連サイトのなかでは、機能が一番抜きん出ていると思います。まず、査定申し込みの前に自宅から周囲10キロ圏内・20キロ圏内にある買取対応業者の一覧を取得できる点。更に、それを閲覧したとしても申し込みに義務は無く、検索後に個別に交渉が出来るので便利です。 これだけの使えるサイトを構築しているというのに、ユーザー登録も無ければ課金も無い。さすが、中古市場を古くからバックアップしてきたGooといったところですね。

全国の業者によるオークションも

さらに、独自の機能「中古バイクオークション」も運営。これは一見、ヤフーオークションのような個人売買かと思いきや、全国の買取業者が入札相手なんですね。販売店に次のオーナー探しを委託するような感覚で使えると言えば良いでしょうか。 大手買取専門業者をワンステップ割愛することによって、提示される金額は若干高めが期待できるのが利点です。しかし、提示価格が高い反面、落札後のトラブルの話があるのもまた事実。詳細な写真を提示してのオークションにも関わらず、現車確認での減額も多いと聞きます。そのリスクも飲んだ上で一発大穴を狙うならやってみる価値もあると言えますが、結構オーナー側の責任と手間は大きそうですね。

愛車の評価の下調べに活用

中古バイク市場は現在、中古車購入→中古市場へのサイクルが一般的。1、2年で売却されることも多く、以前よりもそのサイクルは早くなっていると言います。そのため、よほど新しいモデルでないと相場価格はおしなべて低くなってしまうのが現状のよう。少しでも高く売りたいというのであれば、査定スタッフを納得させることができる確かなデータを入手しておく必要があります。 私も試して見ましたが、ネットを用いた事前調査にGooバイクの機能はとても役に立ちました。最大限MAXがどの価格なのか、交渉の道具に用いれば不可能と思われていたラインも突破できるかも知れませんよ。

【総合得点】**点【おすすめ度】ランク外/9社中

申し込みは個別に行うのが基本

出張査定をしてくれる業者検索、中古バイクの相場確認と、使い方はユーザー次第です。雑誌ももちろん一冊購入しておくと便利(笑)!活字媒体は交渉の際に双方ともに納得できる唯一の道となる可能性もあります。オーナーが無策で交渉に臨んで思い通りの良い結果が出るほど、甘い時代ではありませんからね。

copyright (C) 2019 バイク買取情報サイト NO BIKE, NO LIFE All Rights Reserved.