車検のハナシ

車検は愛車を守るバイクの健康診断!

251cc以上のバイクに必要な車検。意外とお金がかかるものですが、とは言え計画的にお金を積み立てるのは大変です。しかしここで節約すると、バイク寿命だけではなく自分の命も縮めることに。車検切れを買い替えのタイミングとするなら、少しでも高く買ってくれる業者を探したいところ。その際は買取業者ランキングも参考にしてください。

販売店に託すか自分で通すか

お金を節約するために自ら車検場へ持ち込むこともできるのですが、その際チェーンやタイヤ、ワイヤー系を調整程度で済ませることも可能といえば可能です。ただ、いくら節約しようとしても消耗パーツには限界があるもの。お金が無いなら無いなりに販売店・整備工場に相談してみましょう。優先順位の高いパーツのみを交換し、あとはなんとか通してみましょうと言ってくれるはず(付き合い方次第!?)。
私の場合は車検は全て販売店任せです。定期的に見せていることで、消耗具合・劣化具合を担当者が全て把握してくれてますから安心できます。プロの目で定期的に検査している車体と、車検要らずのバイクを比較すれば明らか。下取りの際に有利になるよう、プロによる車検をお勧めします。
以前だったらボーナスで新車を…となったのですが、近年は家内のチェックが厳しい厳しい(笑)。このご時世ですから今のバイクは小まめに販売店へ見せて、長生きさせなければなりません。

下取りの際に車検が切れている車体は?

私の友人に車検が切れた状態で、バイクをガレージに放置している方がいます。ミラーもタンクもボロボロ。もちろんエンジンは動きません。「処分したい」と相談を持ちかけられた時、あまりの状態の悪さにさすがにダメだと思ったのですが、バイク王で売却ができたようです。その際、知人が業者から言われたのが「車検は切れた状態でいい」ということ。もちろん、そのままの状態で車検に通るなんてありえませんが(笑)。査定価格には車検費用がそのまま上乗せされるということは無いようです。
私好みのGB400TTだったので、走る状態なら私が引き取っているところ。あのTTを持っていくのですから驚きです。
バイク王の査定員に聞いたのですが、ほぼ100%リユースするそうです。

バイクの行方

名車をいつまでも名車として残していくためにも、全国展開の中古車買取業者は重要な役割を担っているとも言えるのかも知れませんね。自分が乗っているバイクが近い将来「名車・稀少車」となる可能性があるのですよね。そう思うと車検費用の節約がますますしにくくなります(笑)。

copyright (C) 2019 バイク買取情報サイト NO BIKE, NO LIFE All Rights Reserved.