保険のハナシ

保険会社の言いなりではバイクの任意保険はダメ!?

バイク乗りにとって自賠責・任意の双方ともに加入するのは常識です。とはいえ余計な出費は抑えたい。そんな時は不要なオプションを外して保険契約してみてはいかがでしょう。
オプションによって価格が変動する任意保険。安全運転を心掛けていれば大丈夫!と言い切りたいところなのですが、私も自損事故の経験あり(スイマセン)。保険費用を抑えながらも重要な項目だけ選ぶのが賢い方法。面倒だからと繰越契約ばかりしていると無駄な出費をしていることに気が付かないこともあるから注意!

相手への賠償を削るのは絶対にNG!

費用を抑えたいからといって、対人・対物賠償を削るのは辞めておきましょう。バイクはタイヤふたつだけで走る乗り物。どんなにライディング技術が向上しても、落下物を踏んでしまってコントロールを失うことがあるのです。もし高級車へ突っ込んでしまったら…。考えるだけでも恐ろしいことになりそうです。事故をきっかけに、それまでの人生を全て失ってしまう方もいるのです。自分の腕を過信せず、相手方への賠償は充実させておきましょう。
では、いったいどの項目を削れば良いのか? それはもちろん自分自身に対する補償部分。現在の任意保険はいろいろな特約オプションがあり、自由に選択できるようになっているはずです。私が加入している三井住友海上では搭乗者傷害特約、搭乗者傷害倍額払い特約、差額ベッド費用特約が用意されていました。もちろん全て加入するに越したことはありません。しかし私は自分への補償については自業自得という意味合いも込めて付けていません。もちろんその分しっかり安全運転しようという意識を高く持っています。

付けておきたい便利な特約オプション

他の保険会社で扱っているかどうか分かりませんが、私が付けている特約に面白い項目があります。それは「他車運転(二輪原付)」という特約で、契約車両以外で事故を起こした場合に適用されるものです。私は複数台所有しているため、メインで運転するバイクと、稀に乗るものでは使用する頻度がかなり異なります。そのため、メインバイクでのみ任意保険に入り、この特約を付けることで稀に乗るバイクでの万が一に備えているのです。
これは複数台所有していなくても有効なオプションで、例えば車検に出していて代車に乗っている場合や、ツーリングで他の人のバイクを運転した場合にも使えるものです。かなり適用範囲が広い優れもの。興味のある方は三井住友海上のホームページでチェックしてみてください。
保険会社によって特約オプションの詳細は異なっているはずです。バイク維持費の総額を抑えるためにも、切り替えのタイミングを使って、じっくりと保険会社を比較してみるといいでしょう。

copyright (C) 2019 バイク買取情報サイト NO BIKE, NO LIFE All Rights Reserved.