カスタムパーツのハナシ

カスタムバイクは売却する際に注意が必要

新車発表とともに、カスタムメーカーから発表されるパーツの数々。バイクを好みのタイプに仕上げるのは愛着が増すけれど、売却の時に値引きの原因になることもあるようです。
格好いいカスタムパーツでも売却の際には容赦なく査定ダウンに繋がってしまうことも。一番良いのは純正パーツをしっかり保管しておくこと。といっても、長い間乗っていると台風の際にバイクが倒されてカスタムパーツが壊れたりして、結局純正パーツに戻したりしてしまうもの。売却を考えた「より良いカスタム」の方法とは?

純正パーツは万が一のために取っておく

私は純正パーツ派なのでマフラーやデザイン優先でのカスタムは基本しません。でもミラーとシートだけは替えるようにしています。売却する時のためではありません。風で転倒した場合やいたずらされた場合を考えて、オリジナルを手元へ残しておいているのです。格好の良さだけでは無く、万が一のトラブルを考え敢えて「消耗しても良いもの」を乗せている感覚というのでしょうか?だからといっていたずらされては困りますが(笑)。
皆さんもミラーだけは純正を自宅にストックしておいた方が良いと思います。バイクから突き出している形状からでしょうが、壊れる頻度は結構高いです。もちろんミラーを付けずに走るのは違法ですから、いつでも取り替えられる態勢にしておくのがベスト。
私の場合、新車購入時に付いていたミラーは、ツーリングの際にタンクバックに忍ばせて同行させます。他の車種であっても応急手当として役立ちますから、大変便利。もちろんバイクを手放す際にも純正パーツを付けてあげるだけで査定価格が異なります。

純正のマフラー・シートは貴重品

中古パーツ市場で良品の純正部品が高値で取引されることがあります。人気の高いバイクほどカスタム市場が活性化されるため、フル純正で中古車市場へ回ることが少ないものなのです。しかし買い手にとってみれば、他人が施したカスタムをそのまま受け入れるのはかなり抵抗があるもの。こういう点からフル純正のバイクは買取査定の際に有利と言われています。
では、売却する際に純正パーツにわざわざ付け替えなくてはいけないのかというと、そこまでする必要はありません。私のように購入時の純正パーツを保管しておけば、それを添えてあげれば良いのです。査定額アップのために黙って付け替えてもバレますし、パーツの劣化具合が極端に変わりますから、逆に「事故車なのでは?」と変な疑いを持たれるだけです。素直に現在付けているパーツで査定を受けたあと、保管している純正パーツを見せればきちんと評価をしてくれるものです。劣化の全く無い純正パーツは古い型になればなるほど価値が上がるもの。雨風・湿気を防げる場所で眠らせておきましょう。

copyright (C) 2019 バイク買取情報サイト NO BIKE, NO LIFE All Rights Reserved.